Menu

パパ活でだまされる女性

みなさんはパパ活という言葉を知っていますか?

パパを探す活動で略して、パパ活という意味です。

ここでいうパパはもちろん実の親ではありません。

母をたずねて三千里のような世界ではなく。

実生活を支援してもらうパパです。

ひらたくいえば愛人ということですね。

もちろんパパ活といっても、なんの対価もなしに援助してくれる人がみつかるわけもありませんので。

交際という見返りに、パパになってもらうというパターンが圧倒的に多いです。

さてタイトルのなぜパパ活でだまされる女性が後をたたないのか?とありますが、

SNS界隈のパパ活アカウントを追跡調査していると、パパ活で逃げられたという。カキコミが非常に多く見受けられます。

パパ活で逃げられるとは、どういうことなのでしょうか?

くわしく見てみるとどうやら、援助するからデートをしようといって、食事をしたり、いろいろした挙句、援助をせずに逃げるというパパが結構な数いるらしいのです。

そういう危険なパパの情報を共有して、ウソのパパにだまされないようにとみなさん情報収集をしているようです。

ではなぜそのような危険なパパが出没するのでしょうか?

調べたところSNSでは無料で作ったアカウントで簡単にだまし行為ができるからだそうです。

通常だます側は身元バレを極端に嫌います。とうぜんですよね。ばれたらトラブルになるからです。

無料で取れるアカウントでだまし行為ができるならどうでしょうか?

気軽にだませるなと思う人も増えて当然ですよね。

これでは詐欺にあっても当然な状況だともいえます。

似たようなものにチケット詐欺があります。

これはあるミュージシャンのファンの人で、チケットが欲しいが手に入らない。譲って欲しいとカキコミしている人に譲りますといって、いろいろいいわけをしたうえで、先に金銭やギフト券などでだまし取るとるといった方法です。

なにが似ているかというと

どちらも。
・SNSで
・特定のターゲット層
・お金が欲しいか、チケットが欲しい
というところにつけこんだ詐欺行為です。

怖いですよね。

では自分の身を守りつつ、パパ活をする方法はないのでしょうか?

それは交際倶楽部などを活用することだそうです。
これは男性側が有料、女性は無料というサービスで、男性会員が有料のぶん。へんな人の登録はないそうです。

この話を聞いてとても納得できました。

お金持ち向けのサービスでは、ヘンなお客さんはほとんどいません。

しかし低所得者層向けのサービスでは、とたんにヘンなお客さんが増えます。

たとえるなら高級デパートでは絡まれたりとかはないですが、激安のディスカウントストアなどでは、絡んでくる人がいたりします。

これと同じなのではないのでしょうか。

いろいろ問題がありますので、できれば安全に活動していただきたいものです。