Menu

来世で結婚してほしいとプロポーズした、今は報われない真剣な愛

愛人という表現には自分の気持ちはしっくりしていないが、自分は54歳男性、既婚。3年ほど前から以前の職場の職場の同僚と付き合っています。
たまたま出張で彼女の職場エリアに行くことがあり、出張情報を事前に掴んだ彼女から連絡があり、飲みに行くことになりました。その時のふとした彼女の振る舞いで自分にスイッチが入り、恋人関係になっています。好きになる瞬間とは、こんなに些細なことなのかと思い知らされました。
彼女は独身(バツイチ)ではありますが責任のある立場で仕事をしているので、収入もそれなりにあることからデートは全て割り勘。小遣い制の自分にとってはとてもありがたいです。お互い強く惹かれあっていると思っているので、今は1ヶ月に10日くらいデートをしています。美味しい食事を探しては食べに行ったり、彼女のマンションで過ごしたり。出張と偽って彼女の家に泊まったりすることもしばしば。もちろん男女の関係で、彼女は拒否することもなく私を受け入れてくれています。
そんな彼女から、ある時結婚するとことを告白されました。私とは結婚できないと思っているので、このまま独身だと孤独死してしまうことを心配したということでしたが、このままずっと隠れて付き合っていけると思っていたので大きなショックを受けました。それでも彼女は私との付き合いを継続してくれて、幸いまだ結婚相手と別々に過ごしているため今でも彼女のマンションに泊まったり旅行に行ったりしています。念のため盗聴器発見器も買って調べ、バレることのないように気を使っています。結婚指輪を左手にしていますが、デートの時は外させ、自分がプレゼントしたピンキーリングをいつもしてくれています。そのリングも、来世いで結ばれるための婚約指輪としてプレゼントし、プロポーズもしました。彼女は受け入れてくれて、彼女の右手の小指と私の左手の小指には見えない赤い糸を結びつけ、来世での結婚を約束しています。見えない糸があるので、探すのに苦労はしないと彼女も安心してくれています。
お互い配偶者にはもちろん内緒ですが、この後の人生を一緒に楽しく過ごしていくことを約束しています。お互いの気持ちを確かめ合っているので安心ではありますが、結婚相手と同居が始まってしまうと彼女の部屋に留まることが難しくなり、なんとか別れさせられないかと真剣に考えています。