40代の独身男性、交際クラブで知合った愛人は元人妻、

40代初期の独身男性で現在は不動産関係の仕事をしておりますが、勿論、未だ独身で女性には不自由してますので時折、風俗などへ顔を出しては男の処理を処理をしています。 其れでも安月給のサリーマンにはチョットお高く就いてしまいます。 其処で女性をゲットするために考えたのがクラブのような組織に会員登録して女性を正式に紹介してもらうということです。 あわよくば結婚を、何てこともかんがえていますが。

其の交際クラブというのは風俗のような怪しく、いやらしいといった感覚やイメージはなく、どちらかと言えば男にしろ女にしろ若者というよりある程度の年を経た落ち着いた感じの人々で、而も、金銭的にも精神的にもある程度余裕のある男や女が利用することが多いようです。

此の会員制のクラブというのは愛人クラブとか交際クラブともいいますが、男性及び女性が共に会員登録をした時点で実際に会うことが可能です。 ただ、身元を確認できる身分証明が必要だったりと面倒くさい面もあるが、出会いたい相手をある程度見極めながら会うことが出来るのがメリットですね。 。

そんな事で、クラブで紹介されて知合った女性は過去には数名程度いましたが、現在は二人にしぼって交際をしているところです。 この二人の女性は何れも必ずしも美しいような美貌を備えた女性ではなく、どちらかと言えば並以下といったところでしょう。 

それでもj1人は20歳前後の女子大生で、娘のような感じであり偶には会ってお茶などしながら人生相談を受けたりいていて必ずしもエッチ目的ではなく話し相手ということで、其のためのデート代という多少のお小遣いはお渡ししているところですがね。

一方、もう一人の方は中年に女性で元人妻のバツイチの女性と言う事になります。 彼女とは完全のセフレというか愛人関係で、定期的に会いながら定額のお金を援助しているのが実情と言う事になります。 彼女は人妻ということも有って経験的にも性的魅力はあり、実際に性的テクニックも男として満足できるものです。 

愛人関係ということでお互いに多少のワダカマリは有るかもしれませんが、お互い承知で暫くは様子を見ながらお付き合いしているところですが、この後は成り行きにまかせて様子を観ようというとになるなっているのです。