Menu

パパを信じて痛い目に遭った私の話

20代だった頃に知人に頼まれ短期アルバイトしたスナックで知り合った歯科医師のAさん。

気に入ってくれ熱心に愛人になってくれと言われ続けましたが、当時普通の会社に勤め普通のOLをしていた私は「愛人なんて自分にはできない!」とお断りを続け…

3年後に病を患いマトモに働けなくなった私は生活費にも困るようなり、まだラブコールを続けてくれていたAさんのお誘いに意を決して乗る事にしました。

そんなある日パパになったAさんに
「君の歯を治させてもらえないか?
歯科医としてずっと気になってた。
料金はいらないし、上手な僕に任せてくれれば後悔させないから。
君をもっと綺麗にしてあげる為に頑張るから俺を信じて!」
と言われました。

パパである人のクリニックに行く事に戸惑いもありましたし、お任せの為何をされるかもよく分からない為断っていましたが、あまりにもしつこく頼まれ続けた為根負けし、Aさんを信じて治療OKを出しました。

クリニックに通う事数回。
高級セラミックの差し歯を入れてあげたからね!との言葉通り、差し歯が二本入りました。

「お任せ」だった事もあり、どんな治療をされたのかもわかりませんでしたが、とりあえずは綺麗な歯にはなったしクリニックもきちんとしたクリニックだった為納得していました。

その後半年程経った頃にある事でAさんと口喧嘩に。
強引でオレ様気質、何かあればお金をかけて歯を綺麗にしてあげたのに!と恩着せがましいAさんに不満が溜まっていた私から愛人関係の解消を申し出て逃げるようにサヨナラを告げました。

しばらく連絡はあったもののスルーし続けて数ヶ月後。
Aさんに入れてもらった差し歯がポロッと取れました。

Aさんのクリニックに行くわけにはいかない為、近所にある別のクリニックへ差し歯をつけてもらいに行きました。

すると、そのクリニックの先生が私の歯を見て頭をひねります。
「この差し歯、噛み合わせが全然合ってないんですよね…
これじゃあすぐ取れますよ。」
と。

先生が終始「ウーン。。」といった感じだったので、愛人だった事は勿論伏せてAさんのクリニックで治療しましたと伝えると先生の顔が一瞬曇り、

「あぁ~…あそこですか…。
だからこんな治療されてるのか…
これはちょっと…。」
と。

私が色々聞いてみても終始顔を曇らせ「あそこはちょっと評判が良くないんだよねぇ…」
と言いにくそうにする先生。
「とりあえずうちで治療を頑張りましょうね!」
と暗に「Aクリニックには戻らないでね!」との雰囲気がヒシヒシと伝わりました。

怖くなった私は家に帰るなり即ネットでAさんのクリニックを検索してみると、出るわ出るわ悪評の数々。

Aさんのクリニックはヤブ医者で有名で、被害患者も多い為業界内で問題視されている悪徳クリニックだと分かりました。

そして勿論私もいい加減な治療をされていて、差し歯にする必要の無い健康な歯を根元まで削られていました。

その差し歯もきちんと噛み合わせなどを調整していない為すぐに取れるので治療し直さねばならず、結局お金と時間を取られる羽目に。

しかも、高級なセラミックの差し歯を入れてあげたからね!としばらくドヤ顔で言っていた・何かあればそれを引き合いに出していた差し歯も、高級セラミックでは無い事が判明。

今後長年続くであろう差し歯のメンテナンス代を考えても頭が痛く、Aさんに任せてしまった事を後悔し反省していますし、騙されたと今でも腹が立っています。

ちなみにそのAさんクリニック、多数の酷評口コミに負けず今でも絶賛営業中です(笑)